小学校6年生もイキイキする算数ゲーム3選

数学

算数の授業で導入として使えるミニゲームを紹介します。

授業の最初にゲームを行うことで、楽しく授業に入ることができます。

算数嫌いが少なくなると嬉しいです。

小学校6年生もイキイキする算数ゲーム

今日紹介するのは次の3つです。

  • HIT (ヒット)&BLOW(ブロー)
  • 計算じゃんけん
  • 『21』を言うな

HIT (ヒット)&BLOW(ブロー)

HIT &BLOWは数字の推理ゲームです。

0〜9までの数字を先生が3つの選び、それを子どもたちが当てていきます。

数字は重複してはいけません。

今日は、HIT&BLOWを行います。

ここでは、先生が【256】という数字を選んだとします。

では、Aさん予想してみてください。

子どもを順番、または指名して数字を予想してもらいます。

最初だとわからないよ~。じゃあ【650】

このとき、『数字』と『ケタ』の視点で答えます。

すると、今回の場合、

  • 『数字』が合っているのは6と5
  • 『ケタ』が合っているのは5

となります。

『数字』と『ケタ』が合っているときには「HIT」

『数字』だけ合っているときには「BLOW」になります。

【650】のときには、「1HIT1BLOW」です。

じゃあ、次はBさん・・・。

このように「3HIT」になるまで続け、できだけ少ないターンで当てられるように考えるゲームです。

自然と論理的に考えることができるゲームなので、頭を使うことが好きな子はイキイキとします。

ぜひ、トライしてみてください。

計算じゃんけん

 計算じゃんけんは、じゃんけんのリズムで出された指の本数を使って計算をするゲームです。

計算は、たし算やかけ算にすると盛り上がります。

グループやペアで行い、早く言えた人が勝ちです。

『21』を言うな!

『「21」を言うな』は、2人組で順番に数を3つまで言っていきます。

最終的に21を言ってしまった人が負けになります。

最初は、テキトーに数字を言うだけになるのですが、だんだんと攻略法を考える子が出てきます。

高学年になると、一度やるだけで攻略法を考えてきてびっくりします。

ゲームの攻略法ですが、論理的な思考力を高める機会になるので、少し時間を確保してみんなで考えてみるといいかもしれません。

攻略法

お互い「3つずつ」しか数字を言えない、ということをもとに考えていきます。

「21」を言ってしまったら負けなので、最後の自分のターンに「20」を言ってしまえば勝ちです。

「20」を言うためには、前のターンで「16」を言えばいい。

「16」を言うためには、前のターンで「12」を言えばいい。

「12」を言うためには、前のターンで「8」を言えばいい。

「8」を言うためには、前のターンで「4」を言えばいい。

「4」を言うためには、後攻をとればいい。

というように、自分が言うべき数字を頭に入れて、勝負すれば必ず勝つことができます。

逆に言えば、お互い攻略法を知っていると、ただのじゃんけんになってしまいますが・・・。

まとめ

今日は、算数の導入で使えるゲームを紹介しました。

子どもたちの算数嫌いを減らすため、授業の最初に5分だけでもゲームを取り入れるとその後の授業にもスムーズに入ることができます。

ぜひ、試してみてください。

よろしければこちらもどうぞ

【数学ネタ】17段目の秘密
【数学ネタ】魔法陣を方程式で考える方法
【平方根の導入】正方形をつくろう!
[基本のキ]生徒との信頼関係を築くための7つのポイント
【教師辞めたい】異動先で悩んでるあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました