【KEENスポーツサンダル】20代男がおすすめするオールシーズン履けるサンダル!

二十代

 

教員ってどんな靴で通勤すればいいんだろう?おすすめが知りたい!

そんな要望に答えていきます。

こんにちは、教員として働いているボンです。

僕は面倒くさがりの性格で、服も靴もいちいち考えるのが苦手です。

常に、1年間全く同じスタイルでも大丈夫なもので揃えていきたいと思っています。

通勤にもプライベートでも使える靴はないかな〜と探していたところ、サンダルが適しているという結果に落ち着きました。

そこで、色々と試した結果、KEENのスポーツサンダルに出会い、晴れの日も雨の日もほとんど毎日履いています。もう他の靴には見向きもしなくなりました。

さすがに出張のときには革靴を履きますが、それ以外は毎日履いています。

今日は、KEENのスポーツサンダルを長年愛用して実感している魅力を紹介します。

KEEN サンダル CLEARWATER CNXの特徴

 

ブランドKEEN(キーン)
商品名

サンダル CLEARWATER CNX

素材ゴム
カラーめっちゃたくさん
値段12,600円
出典:Amazon.co.jp

キーン「サンダル CLEARWATER CNX」のソール部分には、「ノンマーキングラバーアウトソール」という素材を使っており、耐摩耗性とグリップ性に優れたシューズです。

ノンマーキングラバーアウトソールとは、靴の底が傷つかないようにした底のことで、主に体育館用のシューズやナースシューズなどの室内用の靴に使われています。

ソールがすり減りづらく長持ちし、凍った地面でもグリップが効くから滑りにくいシューズです。サンダルなのにかなり安心して履くことができます。

 

20代男性教員がおすすめするKEENのスポーツサンダルの魅力

僕が、KEENのスポーツサンダルが好きな理由は5つあります。

  1. 見た目がかっこいい
  2. 通気性が良く、蒸れずに履くことができる
  3. 脱げる心配がなく安定して履くことができる
  4. 着脱がラク
  5. カラーバリエーションが豊富

見た目がかっこいい

サンダルというと、ビーチにいく時にペタペタと音を立てて歩くような、少しダサいイメージがあったのですが、スタイリッシュなシルエットでとてもかっこいいです。

カラーバリエーションがたくさんありましたが、迷わず黒に決めました。

僕は黒一択です。黒はカッコいいし、どんなコーデにも合わせやすいです。

 

ビーチサンダルのような安っぽさがなく、これが「KEENだっ!」って感じ。

サンダルを見るだけでテンションが上がる日が来るとは思いませんでした。

KEENの他にもクロックスやTevaなどさまざまなブランドがあります。

Amazon | [クロックス] サンダル リバイバ クロッグ | crocs(クロックス) | クロッグ・サボ  Amazon | [ テバ ] TEVA サンダル メンズ ハリケーン XLT2 HURRICANE XLT2 スポーツサンダル 1019234  FOOTWEAR 靴 アウトドア ストラップ カジュアル [並行輸入品] | スポーツサンダル

しかし、どこかサンダル感が強いですよね。

KEENはそのサンダル感がなく、まさにサンダルと一線を画すシューズです。

最高です。

 

通気性が良く、蒸れずに履くことができる

まずなんと言ってもサンダルですから、通気性が良いことが最大のメリットです。

夏場はこればっかりで他の靴の出番はありません!

スニーカーや革靴で出かけたとき、靴を脱いだ後のあのモワッとする感覚が好きな人はいないと思います。

通気性バツグンなサンダルではそんなことはないです!

また、サンダルというと夏だけの出番だと思われるかもしれません。

実際、キャンプや釣りなどの水場でも、花火大会などでも大活躍するとは思います。

しかし、本当に寒い冬の日以外は、靴下を工夫すれば春でも秋でも履くことができます。

まあこれに関しては個人の気持ち次第ですけどね笑

ただ、寒くても歩いているうちに暖かくなりますし、個人的には冬の方が蒸れて気持ちが悪くなることが多いので、靴下を履いてKEENを履けばどんな季節でも無敵だと思っています。

 

脱げる心配がなく安定して履くことができる

サンダルのデメリットとして、脱げやすいため、車の運転には適していないのではないか、ということが挙げられます。

道路交通法にも以下のように示されています。

道路交通法 第4章の第70条「安全運転の義務」

第70条:車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキ他の装置を確実に操作し、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼすことのないような速度と方法で運転しなければならない。

サンダルが絶対だめとは明記されていませんが、サンダルが脱げやすいことは明らかであり、グレーゾーンであることには変わりはないでしょう。

しかし、KEENには、かかとに固定ベルトが付いています。

このベルトを付けることにより、よほどサイズが合っていない場合を除き、車の運転をしていても確実に操作できますし、多少なら走ることもできます。

同じく『クロックス』にもベルトがついていますね。

安いですしほとんどの人が履いたことがあるのではないでしょうか。

僕も赤と黒のクロックスを持っていました。

ただ、20代の年頃の男性がクロックスというのも…ねぇ。

クロックスも悪くは無いと思うのですが、少しは見栄を張りたい気持ちもありますよね。笑

そんなときにこそ、キーン「サンダル CLEARWATER CNX」は両方を兼ね備えたサンダルです。

また、上でも書きましたが、「ノンマーキングラバーアウトソール」を使用しているので、ぬかるんだ山道でも滑る事無く、きちんと地面を噛んでくれます。

上りでも、グリップ良く非常に快適に歩くことができます。

防水性も良く、水たまり・ぬかるみも気にせず歩けるので、かなり気に入っています。

 

着脱がラク

サンダルの魅力はなんと言っても履きやすさ。

履きやすさはホンットに大切。

靴紐を縛って気持ちを入れるのも好きですが、時間がない時やすぐに外に出たい時、10秒もかからず履いて外に出ることができます。

靴下を履いていなくてもいいし、靴紐を縛らなくてもいいのは本当にラクです!

着脱がラクであっても、つま先までしっかりと覆われているので指をぶつける心配もありません。

 

カラーバリエーションが豊富

最後は、カラーバリエーションが豊富であることです。

僕は学校に履いていく、色々な場面でも応用が利くことから黒を採用しましたが、↑にあるようにバリエーションはかなり豊富にあります。

海に、山に、川に、フェスに、タウンユースに。シーンを問わずに使える万能な一足です。

フェスなんかには、ド派手な色のKEENを履いたら気分まで上がりそうですね!

 

1年間履ける靴はKEEN!

今日は、キーン「サンダル CLEARWATER CNX」を紹介させてもらいました。

もう一度KEENを選んだ経緯と感想をまとめると…

正直、Tevaとも悩んだのですが、つま先が守られないのと皆が履いていないもので見た目もかっこいい方が良いと思いKEENにしました。


履き心地はバツグン!


特にソール部分には、耐摩耗性とグリップ性に優れたノンマーキングラバーアウトソールが使用されており、スニーカーのように安定しています。

クロックスでは石など固いものを踏むと足にくい込むような感覚がありますが、KEENでは固いアウトソールが守ってくれます!


かかと部分も安定していて脱げる心配はありませんし、2時間ほど散歩をしていても全然苦になりません。


ふらっと出かける時に裸足のままでも気にならないし、運転するときも脱げることは心配いらず通勤にも使えます


正直、メンテナンスは全くしていないし、雨や雪などの天気が悪い時以外ほぼ毎日履いて3年以上たちますがまだまだ現役です。

サンダルに12000円は勿体ないっ!という人もいるかもしれませんがその価値は十分あると思います!買ってよかったと自信を持って言えます。


僕は黒のスポーツタイプを購入しました。やっぱり黒は何にでも合わせやすいので安定していますね。
今は、カラフルなタイプもあり、見ているだけでも楽しいです。

これからの時期、夏用としての購入も検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

もし気になる方がいればチェックしてみてください!

今ならアマゾンで7日間無料試着ができるみたいです!


 

 

[ad]

【数学ネタ】17段目の秘密
【平方根の導入】正方形をつくろう!
[基本のキ]生徒との信頼関係を築くための7つのポイント
【教師辞めたい】異動先で悩んでるあなたへ
【仕事の効率化】丸つけを早くする事前準備と具体的な丸つけの仕方

コメント

タイトルとURLをコピーしました