【子どもに伝えたいこと】スポーツにも勉強にも共通する考え

学級運営

子どもに伝えたいこと

『自分に出来ることを一生懸命やろう』

この言葉は僕が大切にしている言葉で、子ども達によく言う言葉です。

勉強でも、部活動でも、友達関係でも

自分の実力以上のことを発揮することはできません。

むしろ、本番で実力を発揮できる時の方が珍しいと思います。

頭の中では、

部活でスーパープレーをしたり、

テストで100点満点を取ったり、

好きな子とたくさん話ができたり、

自分の思いのままに考えることができます。

僕もそんな妄想をずっとしていました。

ただ、こういうことを考えている人は、得てして自分で努力をしていない人の方が多いと思います。

キツい練習や地道な努力をしていないから、自分がどこまでやれるのかがわからないのです。

どこまでやれるのかがわからないから、どんなことでもできてしまうと勘違いしてしまう。

勘違いするから、妄想が強くなってしまうんです。

現実はそう上手くはいきません。

キツい練習をしないといいプレーはできないし、地道な努力をしないと成功には結びつきません。

だからこそ今、

『自分に出来ることを一生懸命やる』

ことが大切なんです。

「自分に出来ること」というのは今の実力の100%のことです。

「一生懸命」というのは、その100%を出し切ることです。

これを練習の段階で積み重ねていくことが必要なのだと思います。

積み重ねていく結果、

ある時、

今までの100%が90%の力で出せるようになります。

そのときに自分の実力が上がります。

本番は、それまでに何回100%の壁を越えられたかを確認する場なのです。

時間は人間みんな平等です。

ですが、使い方は人それぞれです。

その時間の中で

いかに自分のできることに一生懸命取り組むことができるかが

周りとの差を決める要因なのだと思います。

僕もの頑張りますので、一緒に頑張っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました