【先生のおすすめアプリ】Kindle Unlimited徹底レビュー!メリット・デメリット・おすすめの使い方!

学校

こんにちは、20歳後半6年目の数学教員です。

みなさん、普段本を読んでいますか?

先生として本を読むことはいいことがたくさんあります。知識も増えますしコミュニケーション能力も高まります。先生としてだけでなく人間として成長できる可能性が十分にあります。

とは言っても、「そんな時間はないよ〜。」「いちいち本屋さんで選ぶのはめんどくさい…。」と思う方もいますよね。

今日は、そんな先生方にスマホで簡単に読書ができ、話題の本も読み放題な【Kindle Unlimited】を紹介していきます。

月額980円と有料のサービスですが、価格より価値が高いコスパ最強のサービスだと思っています。

僕もKindle Unlimitedを2年以上使っています。Kindleで読書をすることはもはや日常に溶け込んでいます。

本記事では、Kindle Unlimitedを実際に使ってわかったメリット・デメリット、よくある疑問をまとめて解説します。

>>Kindle Unlimitedの30日間無料お試しはこちら

Kindle Unlimitedとは?

まずは、【Kindle Unlimited】について説明します。

Kindle Unlimitedの特徴
  1. 月額980円で対象の本が読み放題
  2. アプリを使えばいつでも読める
  3. 新規登録者は30日間無料

月額980円(税込)で、ビジネス書や実用書、小説、エッセイ、経済、コミック、雑誌など、合計約200万冊が読み放題です!

全ての本が読み放題というわけではありませんが、本1冊買えば1,000円以上することを考えると、簡単に元が取れます

新規登録者は30日間無料でお試しできるのも嬉しいです。

自分には合わないなと思えば、無料期間で読みたい本だけ読んで、Amazonのアカウントから解約すればお金はかかりません。解約も数回クリックするだけで終わりです。

 

Kindle Unlimitedを使ってみての魅力

Kindle Unlimited】は月額980円と安いといっても、有料のサービスです。

有料サービスを使い続けるのには自分にとって価値があると感じたからです。

僕が使っていて感じる一番の魅力は様々なジャンルの本に出会えることです。

普通本を読むには、①本屋さんに行き、②買う本を選んで、③その本のレビューを見て、④ホントに買うか迷って、⑤働いたお金と引き換えに本を買います。

もちろん、僕はこの時間も好きです。

しかし、先生として働いていると、いつでも本屋さんに行ける訳ではないですし、何冊も買える訳でもありません。ましてや、せっかく買った本が自分の思っていたのと違ったら悲しいですよね。

ですが、Kindle Unlimitedではスマホがあればいつでもどこでも本を選ぶことができますし、もし内容が良くなくてもタダだから痛くも痒くもありません。むしろ、タダだからこそ、普段なら絶対手に取らないだろうなという本を試すことができます

隙間の時間にスマホのゲームをしている先生と本を読んでいる先生、みなさんはどちらになりたいですか?

僕は絶対に後者です。

 

Kindle Unlimitedのメリット

Kindle Unlimited】を2年以上使ってみて分かったメリットを紹介します。

5つあります。

Kindle Unlimitedのメリット
  1. すぐに元がとれる
  2. いつでもどこでも読める
  3. 本を読む習慣が身に付く
  4. 様々なジャンルの本に出会える

すぐに元が取れる

まずはやっぱり金銭的なメリットです。

月額980円なので、月に1冊読めば元が取れます

そもそも980円なんてラーメン屋さんでラーメン食べたら簡単に超えます。

1杯のラーメンより無限の知識を手に入れましょう。

いつでもどこでも本が読める

Kindleの電子書籍はスマホのアプリがあればどこでも読むことができます。

Amazonで調べると『Kindle Paperwhite』という電子書籍リーダーがあります。

僕も使っていましたが、自分が使っているスマホで十分快適に読むことができます。

どこに行くのにもスマホは持っている訳ですから、

  • 空きコマの少しの時間
  • バスや電車での移動時間
  • トイレの数分
  • ちょっとした待ち時間
  • テレビ見ている時のCMの時間

どんな時にでも、スマホでさくっと本が読めるのは本当に快適です。

本を読む習慣が身に付く

Kindleをスマホで読むようにすると本を読む習慣を身に付けることができます。

一日に30分でも本を読む習慣があるとメンタルが安定し幸福感が高まります。

習慣を身につけるのには、その行動を行いやすくすることが必要になります。

なので、アプリの置き方を工夫します。

  1. スマホにKindleのアプリを入れる
  2. ウィジェットを利用してホーム画面に大きく表示させる

この設定にしておくと、ロックを解除するとすぐにデカデカとKindleが表示されるのでつい起動してしまいます。

僕も1年ほどこの設定にしています。

様々なジャンルの本に出会える

上記でも簡単に紹介した通り、Kindle Unlimitedでの読み放題対象のジャンルはかなり広いです。

大体こんな感じです。

僕は教育、経済、科学、人文系が多いです。

『夢をかなえるゾウ』のような有名な本から個人出版の本もあり全然飽きません。

意外と個人出版の本がその人の人生が凝縮されている感じがあり読んでいて勉強になります。

気軽に本が読めるのも最高ですし、そこに新しい発見があるとなお最高です!

 

 

 

Kindle Unlimitedのデメリット

Kindle Unlimited】のデメリットも紹介します。

3つあります。

Kindle Unlimitedのデメリット
  1. 10冊までしかダウンロードできない
  2. 全ての本が無料で読めるわけではない
  3. 紙の本より記憶に残りづらい

10冊までしかダウンロードできない

Kindle Unlimitedでは、一度にダウンロードできるのが10冊までです。

11冊目からは、ダウンロードしてある10冊の中から1冊を返却する必要があります。

10冊あれば十分だと思うかもしれませんが、意外と「この本もこの本もおもしろいんだよな〜」ってなりがちです。幸せなことですけどね。

でも、いつか気に入っている本を返却しなければならない時がきます。

そのときは、紙の本で買って何度でも読めばいい話です。

むしろ紙の本を買う前のお試しとしても利用する価値があります。

すべての本が無料で読めるわけではない

仕方ないことですが、すべての本が無料で読めるわけではありません。

新刊の本や人気のビジネス書などは読み放題対象外であることがほとんどです。

紙の本より記憶に残りづらい

紙の本には、重さや手触り、紙の匂い、ページをめくるときの音、装丁などによって、視覚的、触覚的、嗅覚的、聴覚的など五感を刺激するため、それらの情報とともに、無意識のうちに本の内容を記憶するとも言われています。

また、電子書籍で読むと、目が疲れてきて斜め読みや読み飛ばしが行われてしまうため記憶に残りづらいとも言われています。

しかし、あることを意識するとKindle Unlimitedで読んでいても記憶に残りやすくすることができます。

それは、覚えたいことをスクリーンショットするだけです。

この機能は紙の本ではできません。スマホでのKindleアプリの特権です。

スクリーンショットしておくと、写真に自分が覚えたいページやもう一度見たいページを記録することができます。写真にスクリーンショットのフォルダを作っておけば自分専用の本が完成します。

スクリーンショットを活用すれば、たとえ本を返却してしまっても自分のスマホには記録が残り続けるのでより便利です。

>>Kindle Unlimitedの30日間無料お試しはこちら

Kindle Unlimitedのよくある疑問

Kindle Unlimited】のよくある疑問もまとめました。

Kindle Unlimitedのよくある疑問
  1. Kindle UnlimitedとPrime Readingの違いは?

  2. Kindle Unlimitedを解約するには?
  3. 解約ができたか確認するには?

Kindle UnlimitedとPrime Readingの違いは?

Kindle UnlimitedとPrime Readingの違いは?Prime Readingは、Amazonプライム会員になると自動で使えるサービスで、読める本は約1,000冊。それに対して、Kindle Unlimitedは月額980円で単体契約できて、読める本は約200万冊。

Prime Readingは、あくまでAmazonプライム会員のおまけだとください。

読み放題対象も少なく、PrimeReadingで読める本は、Kindle Unlimitedで読み放題の本であることがほとんどです。

読書特化の生活がしたいなら、個別でKindle Unlimitedを契約するのがおすすめ。

Kindle Unlimitedの解約方法は?

Kindle Unlimitedの解約はKindle Unlimitedの専用ページから行います。

【Kindle Unlimitedの専用ページ】『アカウント』⇒「Kindle Unlimited会員登録を管理」⇒『Kindle Unlimited会員登録をキャンセル』とクリックします。

さらに、『Kindle Unlimited会員登録をキャンセル』⇒『メンバーシップを終了する』これで解約手続きは終了です。お疲れ様でした。ここまで、3分もかかりませんね。

30日が過ぎると自動で更新されてしまいます。

30日間の無料お試しで解約したい人は、メモしておくなどして、忘れずに解約しましょう

解約できたか確認するには?

Kindle Unlimitedを解約した後、解約できたかどうか確認をしたい人もいるかもしれません。その場合は2つの方法があります。

1つ目はAmazonから届くメールで確認する方法です。解約するとAmazonからお知らせのメールが届きます。そのメールが届けば解約手続きは完了しています。

2つ目の方法はKindle Unlimited専用ページからKindle Unlimited会員登録を確認することです。このページに再び登録を促す文言が表示されていれば、解約手続きは完了しています。

>>Kindle Unlimitedの30日間無料お試しはこちら

Kindle Unlimitedのレビューまとめ

Kindle Unlimited】をレビューをまとめます。

Kindle Unlimitedのレビューまとめ
  • 月額980円 (税込) で約200万冊が読み放題
  • 30日間の無料でお試しができる
  • 月に1冊読めば元がとれる
  • アプリを使えば本を読む習慣が身に付く
  • スクリーンショットをすればお気に入りのページを記録できる

Kindle Unlimitedは…

  • 本をたくさん読みたい人
  • 本の習慣を身につけたい人
  • 本を読んでいると子供たちに言いたい先生

こういった方には、かなりおすすめのサービスです。

スマホのアプリを利用すれば本をより身近に感じることもできますし、スクリーンショットすれば自分のお気に入りのページを半永久に保存しておくことができます。先生として本を読んでいないけど読んでいると子供たちに言いたい先生はぜひ試してみてください。

30日間は無料でお試し利用ができるので、興味がある方はぜひどうぞ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました